G-SHOCKのG-STEEL「GST-W110-1AJFブラック」使ってみた感想|スーツにも合う電波腕時計

g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review

見た目がウブロのような高級腕時計の高級感。

機能性・耐久性が優れていることで有名なG-SHOCKのG-STEEL人気シリーズの「GST-W110-1AJF ブラック」。

  • 1秒も狂いのない時間への信頼性を与えてくれる電波腕時計
  • 電池切れの心配の無いソーラー充電

上記のメリットだけでも「メンテナンスが不要」で十分な機能ですが、加えてアラームストップウォッチ20気圧防水などの機能もしっかり付いています。

価格は約3万円と少し背伸びをすればギリ買える価格帯です。

高価な買い物は以下のような悩みが出てくると思います。
(実際私がそうでした^^;)

  • 高価な買い物なので買おうか悩んでいる
  • 高価な腕時計だから、私服だけでなく仕事でも使いたい!
    けどスーツに合うか心配
  • 失敗したくないので、実際使っている人の感想を聞いてみたい!

当ブログはこんなお悩みにお答えします。

G-SHOCKのG-STEELシリーズを4年以上愛用してる筆者。

そんな私が「GST-W110-1AJF ブラック」の「良かった点」だけでなく、「少し気になった点」まで正直な感想を語ります。

買おうか悩んでいる方は、この記事を読んで「買うか・買わない方がいい」のかが分かります。

ゆうな

今回はブログの運営者のわたくし「ゆうな」が解説しますが、実は私の弟の「ゆうと」がレビュー記事を書いてくれました。

(弟) ゆうと

初めまして「ゆうと」です。
姉ちゃんが「その時計オシャレだからレビュー記事書いて」って頼まれたので渾身(こんしん)の力を込めて書きました。
でも記事作成代は1円もくれませんでした。
(姉ちゃんのケチ~)

ゆうな

ゆうと、話があるから、あとでお姉ちゃんの部屋に「お・い・で💢」(#^ω^)

ゆうな

さて、なにはともあれ、いってみましょう!

タップできる目次

【スペック・開封】G-STEEL「GST-W110-1AJFブラック」

g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review

G-STEEL「GST-W110-1AJFブラック」の基本スペックは以下の通りです。

構造・性能バンド:樹脂
耐衝撃構造
主な機能●タフソーラー(ソーラー充電システム)  
●電波受信機能:自動受信
●針退避機能:針が液晶表示と重なって見づらいときは、
ボタン1つで針を液晶表示上から退避させることができます。
●ストップウオッチ
(1/100秒、60分計、スプ リット付き)
●タイマー
(セット単位:1秒、最大セット:100分、1 秒単位で計測)
●時刻アラーム
5つ設定可(カウントダウン機能付き)
●カレンダー
●12/24時間制表示切替
●操作音ON/OFF 切替機 能
●ダブルLEDライト:文字板用LEDライト
防水20気圧 防水機能
ケースサイズ縦:59.1mm
横:52.4mm
厚さ:16.1mm
質量108g
ゆうな

それでは、箱の中身のご紹介です。

g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review

箱はさすがG-SHOCK、やっぱりカッコいい!

g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review

箱の中身はこんな感じです。

  • 本体
  • 説明書
  • タグ
g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review
g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review
g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review

↑上の写真は「左側がスーツ」を着て撮影。

「右側がジャケット」を着て撮影した写真です。

スーツと私服の両方に合うデザインが特徴です。

G-STEEL「GST-W110-1AJFブラック」を使ってみた感想|時計選びで迷ったら買って間違いなし!

g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review

結論を先に言います。

私の感想を素直に言いますと、時計選びで迷ったらG-SHOCKのG-STEEL「GST-W110-1AJFブラック」を買っておけば間違いなしの電波腕時計です。

その理由は以下の7点です。

  1. 身に付けるだけで、プライベートや仕事をオシャレにしてくれる
  2. 私服・スーツの両方にバッチリきまる
  3. 日時・曜日が分かりやすい
  4. 電池切れの心配が無く、電波腕時計なのでメンテナンス不要
  5. 1秒の狂いもない正確な時刻が分かる安心感が最高!
  6. G-STEELの「GST-W110-1AJF」の衝撃・耐久性のテストが凄すぎ!
  7. 手首を45度傾けるだけでバックライトのLEDの光が文字盤で美しく光る
ゆうな

順番に解説していきますね。

【レビュー】良かった点|G-STEEL「GST-W110-1AJFブラック」

身に付けるだけで、プライベートや仕事をオシャレにしてくれる

g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review
ゆうな

プライベートや仕事をオシャレにしてくれると感じたのは、以下の理由からです。

  1. 時計をG-STEELの「GST-W110-1AJF」に変えただけで周りの反応が良かった
  2. ウブロのような高級なデザインが「オシャレにしてくれるポイント」
ゆうな

では順番に解説していきます!

時計をG-STEELに変えただけで周りの反応が良かった

G-STEELの「GST-W110-1AJF ブラック」を身に付けるだけで、「仕事」も「プライベート」もオシャレにしてくれます。

具体的な理由は、友人や仕事仲間(男性・女性とも)・客先からの反応がすごく良かったです。

  • 「時計変えたの?カッコいいじゃん!」
  • 「その時計オシャレですね。」
  • 「しっかり時計が、オシャレのアクセントなってくれてるじゃん」
  • 「できるビジネスマンみたいだね」
(弟) ゆうと

時計をG-STEELの「GST-W110-1AJF」に変えただけで、上記のような嬉しい反響がありました。

ゆうな

私も弟を見た時、「時計でこんなに人って変わるのか」と、時計のデザインにビックリしました。

主張しすぎずシンプルで、
付けるだけでオシャレにしてくれるデザインは本当に最高です!

ウブロのような高級なデザインが「オシャレにしてくれるポイント」

G-SHOCKのG-STEELの「GST-W110-1AJF ブラック」は、ウブロのような高級なデザインが「オシャレにしてくれるポイント」です!

実際のウブロは↓↓こんな時計です。

画像:楽天市場 ウブロ」

上の写真がウブロ クラシック「525.NX.0170.LR」です。

ゆうな

価格はなんと「中古」で約148万円です(゚∀゚)

(弟) ゆうと

さすが高級腕時計^^;

ですが高級腕時計を普段から身に着けるのは、紛失とかが心配です。

投資などのお金の代わりに「資産」として買う目的の方もいるみたいですが。

私には縁のない時計だと思いました(T_T)

できることなら

  • プライベートや仕事に「気軽」に持ち出せる腕時計がいい
  • ぶつけても大丈夫なくらい頑丈な腕時計が欲しい
  • 機能は多機能がいい
  • でも高級感清潔感はあった方がいい

そんな要望をG-STEELの「GST-W110-1AJFブラック」は全て満たしてくれる電波腕時計なんです。

ウブロなどの高級腕時計を楽しみたい方には、 人気のブランド腕時計を月額制でレンタルできる日本最大のサービス「KARITOKE(カリトケ)」で、レンタルして楽しむ程度にとどめておきましょう。

KARITOKEの公式サイトはこちら>>

私服・スーツの両方にバッチリきまる

g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review

G-SHOCKのG-STEELの「GST-W110-1AJF ブラック」はプライベートと仕事の両方で使える優れものです。

  • 私服
  • スーツ
  • 作業服

上記3つの場面で身に付けても、「バッチリきまるデザイン」なので場面を選ばないのも最高です。

  • 付けるだけでちょっとできる「ビジネスマンに」
  • 付けるだけでちょっとできる「職人さんに」
  • 付けるだけでちょっと「オシャレな人に」

私は今まで、身に付けるだけでここまで「ちょっとだけ」ステータスを上げてくれる多機能な腕時計に出会ったことがありません。

また、その「ちょっとだけ」が丁度いいんです!!

(弟) ゆうと

僕はあまり目立ちたくない派(ちょっとは目立ちたい)なので。

高級腕時計は、自己主張が強すぎると、かえって「嫌味」に見えてしまうのが高級腕時計のデメリットでもあります。

職種によっては完全に浮いてしまうことも!

ゆうな

何事も「ほどほど」がいいんです!
それでもってカッコいい!!

日時・曜日が分かりやすい

g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review

G-SHOCKのG-STEEL「GST-W110-1AJF ブラック」は初めてアナログとデジタルのハイブリッドを採用しています。

そのおかげで、時刻や日付・曜日が「一視野」で確認でき、とても分かりやすいのが良かったです。

もし時計の針が、デジタル表示の場所にあり、デジタル表示部分が時計の針に隠れて見えない時、ボタン一つで時計の針を一時的にデジタル表示部分から動かしてくれる機能も付いています。

ですので、デジタル表示部分が時計の針に隠れて見えないという心配はありません。

ミーコ

G-STEELの「GST-W110-1AJF ブラック」は死角なしの完成度。

電池切れの心配が無く、電波腕時計なのでメンテナンス不要

maintenance-not-needed

G-SHOCKのG-STEEL「GST-W110-1AJF ブラック」は、ソーラー充電なので電池切れの心配はいりません。

※ただし、しばらく使わくて箱に閉まっている状態だとバッテリーが無くなるので注意!

また、電波腕時計なので「1秒の狂いもない時間への信頼性」が手に入ります。

つまり実質メンテナンス不要で、かつ上記のメリットを享受でき、この理由だけでも十分購入する価値があります。

1秒の狂いもない正確な時刻が分かる安心感が最高!

g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review

1秒の狂いもない正確な時刻が分かる安心感。

仕事をする人ならばそれだけで時計に投資する価値は十分だと感じるはずです。

最近は「時間に投資することが当たり前の時代」になっています。

ですので、電波腕時計でないと毎回時刻を合わせないといけないので、その時間が「非効率」です。

また、

電波腕時計だと、待ち合わせにギリギリに付いて先輩に「遅いよ~」と言われても

→「まだ時待ち合わせ時間まで35秒もありますよ。先輩の時計進んでいません?」
→「私の時計電波腕時計なんで。」

っという超高騰技術の論理的な返しもできたりします(笑)

ゆうな

半分冗談ですよ~(^o^)v

ミーコ

それぐらい時間は大事。
「時間」は、人間に唯一平等に与えられたもの!

ですが、機械式時計のような、「あえて手間を掛ける時計」の魅力は「別格」で、個人的にはすごく好きです。

(弟) ゆうと

実は1本持っています(^o^)v

またスマホのように

→ポケット(カバン)から出して
→時刻を確認
→ポケット(カバン)に直す

という3つの動作をしなくても、「腕を見るという1動作」で日時・曜日が分かります。

1動作で時刻が分かることは、急いでいる時ほど重要性が分かります。

ゆうな

違う角度で考えると「スマホは時計の相互上位」だということも分かります。

ミーコ

スマホ一つで、時計・通信・通話・ナビ・エンタメなど「何でもできる!」

ただ、スマホではできない下記の3つはG-STEEL「GST-W110-1AJF ブラック」の最大のメリットです。

  • 付けるだけでオシャレ(印象が良く見える)
  • 腕を見るという「1動作」で正確な時刻が分かる
  • メンテナンス不要

予算が許すならばG-SHOCKのG-STEEL「GST-W110-1AJF」は「買っておきたい必須アイテム」と言えます。

G-STEELの「GST-W110-1AJF」の衝撃・耐久性のテストが凄すぎ!

↑上の動画はG-STEELの「GST-W110-1AJF」の耐久テストの動画です。

動画の感想はどうでしょうか?

これでもかってくらい

  • 叩く
  • 投げてぶつける
  • ビリビリ電気
  • ボタンを押しまくる

普段の生活では、動画のように乱暴に扱かわないですが、ここまでの耐久性テスト耐えているG-STEELの「GST-W110-1AJF」は「耐衝撃性・耐久性」への安心感は絶大です。

ゆうな

さすが耐衝撃性に強いG-SHOCKです。

手首を45度傾けるだけでバックライトのLEDの光が文字盤で美しく光る

g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review

手首を45度に傾けると、文字盤のLEDライトがONになります。
(OFFにも出来ます。)

そして、2つのLEDが光って文字盤に反射され、時計全体が美しく光ります。

また、光る秒数も1秒と3秒の2種類から選べます。

ゆうな

個人的に5秒が欲しかったです(;^ω^)

【レビュー】少し気になった点|G-STEEL「GST-W110-1AJFブラック」

ストップウォッチが60分までしか測れない

g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review

「少し気になった点」としましては、ストップウォッチが60分までしか測れないことです。

59分59秒の次は0秒に戻ります。

あまりストップウォッチを使わない方にとっては、気にならない点ではありますが私にとっては「少し気になった点」です。

というのも、私は仕事で物理現象がどのくらい起きるか測る時が過去にありました。

その時はスマホを使用して解決できたのですが、腕時計の方が楽だった経験があり「少し気になった点」に上げました。

そのほかの「少し気になった点」は、頑張って探してみましたが見当たらないです。

そのくらいG-STEELの「GST-W110-1AJF」に弱点が少ない最強腕時計なんです。

【解決策】ストップウォッチが24時間測れる機種はG-STEELの「GST-B300-1AJF」

G-SHOCK-G-STEEL-GST-B300-1AJF

もし「もっと長いこと測れる時計は?」って方には、↑上の写真の【GG-STEEL「GST-B300-1AJF」】が24時間まで測れてオススメです。

もう一つのオススメの理由は「質量が82gと超軽量」で付けてる感じがしないくらい軽いんです。

今回ご紹介した「GST-W110-1AJF」の質量は108gで、28gも「GST-B300-1AJF」の方が軽いです。

また、デザインが黒がメインでカッコいいのも特徴です。

今回レビューした「GST-W110-1AJF」と大きく違う点は、「スマホと同期」でき、時計の基本設定やアラームなどが「スマホからできてしまう優れもの」です。

基本スペックは以下の通りです。

構造・性能バンド:樹脂
耐衝撃構造
主な機能●タフソーラー(ソーラー充電システム)  
●電波受信機能:自動受信
●針退避機能:針が液晶表示と重なって見づらいときは、
ボタン1つで針を液晶表示上から退避させることができます。
ストップウオッチ
(1/1000秒(1時間未満)/1/10秒(1時間以上)、24時間計、スプリット付き)
タイマー
(セット単位:1秒、最大セット:24時間、1/10秒単位で計測)
●時刻アラーム
5つ設定可(カウントダウン機能付き)
●フルオートカレンダー
●12/24時間制表示切替
●操作音ON/OFF 切替機 能
LED:ホワイト
モバイルアプリ連携機能
 (対応携帯電話とのBluetooth通信による機能連動)
防水20気圧 防水機能
ケースサイズ縦:51mm
横:50.3mm
厚さ:15.3mm
質量82 g(さらに10g軽いです!)
ゆうな

気になった方は、ぜにチェックしてみて下さい。

まとめ:G-STEEL「GST-W110-1AJF」が腕時計の最適解!迷ったらこれを買えばOK

g-shock-g-steel-gst-w110-1ajf-review

G-STEEL「GST-W110-1AJF」は、時計選びで迷ったら「GST-W110-1AJF」を買えばまず失敗はしません。

約3万円とお高めですが、その分のパフォーマンスは大きく「後悔は無い」です。

まさに「腕時計の最適解」といっていいと言えます。

ゆうな

解説は以上です。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

今回ご紹介した腕時計はこちら

ストップウォッチが24時間測れる腕時計はこちら

よろしければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次